米 お米 通販 激安 価格 比較 販売 水

あきたこまち 特徴

コシヒカリ、ひとめぼれと並らび日本を代表するお米です。名前のとおり主産県は秋田で、岩手県、山形県、茨城県などでも多く作られています。

 

中、小粒で基部ややせまい。中飴色。 秋田県で生まれたとされる小野小町にあやかって広く名声を得るようにとの願が込められている。 コシヒカリと奥羽292号を掛け合わせてつくられたお米です。

 

コシヒカリ譲りの味の良さと香りの良さを引き継ぎながら、やや小粒で、味のバランスが秀逸で、絶妙な艶があります。あきたこまちの特徴として、しっかりした粒感があり、硬めが好きな方に好まれています。

 

どの料理にも合う万能米です。味付けの濃い料理、薄い料理どちらにも合わせていけます。そしてあきたこまちの最大の特徴は、他の品種に比べて吸水性が遅いという特性を持っていることです。

 

これは炊き方によって、味が大きく左右される事を意味しています。逆に言えば炊き方を調節することによって硬めにお米を炊く事や、やわらかめにお米を炊く事が可能なのです。

 

お米を研ぐ

 

お米を研ぐことによって、お米に僅かな傷がつき、吸水性を高める働きがあります。あきたこまちではコシヒカリ、ひとめぼれより吸水性の低い品種なので、研げは研ぐほど、やわらかいお米に近づきます。

 

水に漬け置く

 

お米を炊く際は、お米を研いだ後、水に30分以上漬けると十分に水を吸い、お米がふっくら炊き上がります。

 

あきたこまちは、特に吸水性の悪い品種ですので、硬めにお米を炊くなら短く、やわらかめにお米を炊くなら長く水に漬けてください。また、暑い時には短く、寒い冬には長めにと季節によって漬ける時間を変えてください。

 

水の量

 

あきたこまちは普通の水の量でやや硬めのご飯になる特徴の品種です。 ですのでそれを考慮に入れ、水加減は柔らかいご飯が好きなら多めに、硬めのご飯が好きなら普通、もしくは少くなめに、個人的な好みに調節してください。

スポンサードリンク