米 お米 通販 激安 価格 比較 販売 水

なぜある程度の値段のお米でないといけないのか

おいしいお米の値段について

 

おいしいお米を購入したい場合は、どの程度の値段を出せばいいのでしょうか。世の中には、10キロで3000円の激安米から、10キロで1万円を超える超高級米まであります。

 

一般的なご家庭で食べられているお米は、10キロで4000円前後のものが主流です。特にお米に関心のないご家庭なら、10キロ3000円あたりのお米をご購入なさっているかもしれません。

 

一般的に、高級米と呼ばれているのは、10キロ5000円を超え、最高級米ぐらいになると10キロ8000円を超えます。そして5000円を超えてくると、おいしいお米に出会える確立が飛躍的に増えてきます。

 

逆にこれ以上の値段ですと、値段に比例して味があがるわけではありません。

 

8000円の超高級米が5000円の高級米よりもおいしいとは限らないのです。10キロ5000円から上は、ブランド代や流通業者の販売戦略も係わってきますので、一概に値段が高ければおいしいとは限りません。

 

しかし、10キロ5000円を超えると、おいしいお米に高い確率で出会えるようになります。と言いますか10キロ3000円の値段だといいお米であるわけがないのです。

 

これは、お米の生産、販売を考えればわかります。農家が一年をかけて丹精に作ったお米があります。その一級品のお米を、米屋が仕入れる値段が、だいたい玄米1俵(60キロ)で15000円程度たといわれています。

 

これを10キロで計算すると2500円程度で購入している事になります。さらに精米という工程を挟むので、量が減り、皆さんが購入する袋になると原価が10キロ2900円ほどになります。

 

そう考えるとどうでしょう。これを3000円で売る米屋があるでしょうか?当然商売は成り立たず、米屋が利益として売り出せる値段が5000円ほどになるのです。

 

つまり3000円〜4000円のお米はブレンド米であったり、古いものだったり、割れや味の劣るお米でしかありえないのです。

 

したがって、10キロ3000円などでは、お米本来の味が堪能できる高品質のお米は買えないのです。

スポンサードリンク