米 お米 通販 激安 価格 比較 販売 水

自分に合ったお米の選び方

日本で作られているお米の品種は、約500種類も存在します。そして、我々がお店で買うことができる品種は約200種類ほどです。

 

おいしいお米を選ぶのはもちろんですが、自分の舌に合ったお米を選ぶのが一番大事です。人によってはやわらかいお米が好きな人もいますし、硬いお米が好きな人もいます。

 

これはどちらが優れているわけでもなく、個人の嗜好によるものが大きいでしょう。そしてお米のすごいところはどちらの嗜好にもあった品種が存在するということです。

 

自分に合ったお米の選び方

 

自分に合ったお米を選ぶにはまず、品種から選んでいきましょう。品種から選んでそれから産地を試すのが一番効率的だと思います。

 

産地は沢山存在しますから産地から選んでいくのは非効率です。ただし最初の品種はそれなりに信頼のおける産地にしてください。

 

そうしないとハズレを引いた場合にその品種自体がおいしくないと勘違いしてしまう場合があるからです。

 

品種を選ぶ際にはその品種の特徴を知って選ぶといいでしょう。やわらかい、硬い、つやがある、香りがいいと米の特徴は無数にあります。

 

その中から自分に合っていそうな品種を選んで試食しましょう。できれば食べてるお米が無くなる直前にお米を購入し食べ比べてみましょう。

 

食べ比べてみるとあまりの違いに驚かれると思います。それほど違います。気に入った品種が見つかったら産地を絞りましょう。

 

有名どころの産地はもちろん、作り方によっても違いますから、生産者がわかるお米などを選ぶといいです。きっとお気に入りのお米が見つかるはずです。

 

新しい品種にどんどん挑戦しよう

 

お気に入りのお米を見つけたら今度はマイナーな品種にも挑戦しましょう。この試みにはもっとおいしいお米に出会う目的がありますが、安くておいしいお米を見つけるのが一番の目的です。

 

マイナーな品種や新たにできた品種は大きな可能性を秘めています。

 

お米の研究も日々進歩しており、更においしく、更に生産性を上げてと努力しています。

 

新たな品種というのは、今現在の品種より優れているところがあるからこそ生まれて育てられるのです。ですので例えマイナーであってもおいしいお米に出会う確立は高いといえます。

 

さらに生産性の向上は、価格低下に結びつきますので、より低価格でおいしいお米を食べられることが出来ます。興味のあるお米に出会ったら例えマイナーな品種でも買う事をお勧めします。

スポンサードリンク