米 お米 通販 激安 価格 比較 販売 水

お米に使うお水は?

米を美味しく食べるには、水はとても重要な要素です。考えても見てください。あの炊飯器に並々注いだ水が、蒸発しているのもあるんですが、なくなるほどお米に吸収されているわけです。

 

米にこだわるだけでなく水にもこだわるとお米は格段においしくなります。もちろんミネラルウォーターを使えるのが一番ですが、ミネラルウォーターもご飯に適したものを選びたいものです。

 

そのミネラルウォーターの選び方から、水道水を美味しくするための工夫(カルキ抜きの方法/やり方)などを合わせて紹介します。

 

水道水の場合

 

基本的にはミネラルウォーターを使うのが一番おいしく炊けるのですが、毎日使うのも費用がかさみます。
ここではいかに水道水を使ってご飯をおいしく炊くかを紹介します。

 

まずカルキを抜かなくてはいけません。水道水は不味いとよく言われますが、その主原因がカルキなのです。

 

ミネラルウォーターの水と、水道水の水を飲み比べると違いがはっきりわかります。

 

よく臭いをかいで貰うとわかりますが、科学的な消毒液っぽい臭いがします。

 

これがカルキ臭といわれるものです。カルキを混ぜる事は水道法によってしなければならないものなので、どの地域に住んでいるご家庭でもこのカルキ対策は必要です。

 

このカルキは雑菌の繁殖を抑える効果が有り、必要不可欠な対策ではありますが、味にも影響を与えており、それを使えばお米も不味くなるのは当然です。 ですのでご飯を炊く場合は、カルキぬきを行う必要があります。

 

そのカルキを取り除くには、炊飯器程度の水なら3〜5分程度沸騰させる、備長炭を使う、半日程度水を汲み置きしておく、浄水器を使う等の方法があります。煮沸と汲み置きは空気に触れさせないといけないのでふたなどで閉めないようにしてください。

 

ミネラルウォーターの場合

 

ミネラルウォーターには硬水と軟水というものが存在します。これは含まれるミネラル類のうち、マグネシウムとカルシウムの含有量によって決められており、マグネシウムとカルシウムが多いのが硬水で、少ないものが軟水になります。

 

ミネラルウォーターは基本的に硬度の記載があるので確認して欲しいのですが、ごはんを美味しく炊くためにいい水は軟水とされています。

 

海外製のミネラルウォーターは硬水が多く、日本製の水には軟水が多いです。硬水はごはんの持っている本来の甘みや風味が阻害してしまうのです。なのでいいお米を使うときにはより気をつけなければいけません。

 

WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。お米のためのミネラルウォーターなら軟水を選びましょう

 

スポンサードリンク