米 お米 通販 激安 価格 比較 販売 水

産地とお米の関係

お米には産地が重要とされています。それはなぜか?それは品種もさることながらその土地の気候、土壌、水質などがお米のおいしさを決める一番の要素だからです。

 

それはそうです。お米にかかわらず、例えばサトウキビ。沖縄でよく栽培されていますが、他の県で同じように育てておいしく出来るでしょうか?お米も同じです。

 

むしろ作られるお米が、地域の気候や土地、土壌、水源などにおいしいお米が出来る条件が合致して初めて、品種の力を最大限にしたお米が完成するのです。むしろコシヒカリなどの品種は大前提に過ぎないのです。

 

お米は全国何処の県でも栽培されており、栽培自体には比較的何処でも育てることが可能です。その中でも昔から米どころと言われるお米が良く育つ特定の条件を併せ持った場所が存在します。

 

特に有名どころなのが新潟県魚沼産の「こしひかり」宮城県北産の「ひとめぼれ」秋田県の「あきたこまち」などは有名な銘柄で「ブランド米」と呼び、その中でも一定基準以上のお米を「プレミアム米」といいます。

 

新潟県以外の県でもこしひかりは栽培されておりますが、値段でいうとニ倍以上違います。この差は何なのでしょう。味が違わなければこれほどの差はでないでしょう。

 

やはり育てる場所によりうまみ、風味、香りが断然に違うのです。それは、宮城県産の「ひとめぼれ」でも同様でなのです。

 

重要なのはどの品種がどの県で作られるとおいしく育つのかを知ることで、産地なんてどうでもいいと思うのは間違いなのです。

 

お米の都道府県別生産数量 ベスト5

 

   1位   北海道
   2位   新潟県
   3位   秋田県
   4位   福島県
   5位   山形県
              ※平成17年度

 

お米づくりが盛んな土地、つまりお米の収穫量の多い都道府県としては、北海道・新潟県・秋田県・福島県・山形県など北陸に近い場所が多のが特徴です。

 

新潟や秋田などは古くから米どころとして知られており、「新潟県魚沼産のコシヒカリ」などは最高級のお米としてすっかり有名になりました。

 

最近では、寒さに弱いお米を品種改良によって改善し、逆にその寒さがお米に良い風味を与える条件になり生産量、多くのおいしいという支持を集めています。「きらら397」「ほしのゆめ」「ななつぼし」など寒さに強いあたらしい品種です。

 

 

スポンサードリンク