米 お米 通販 激安 価格 比較 販売 水

きらら397 特徴

きらら397は北海道の代表的品種です。 北海道のお米は不味いとされていたのですが、そのイメージを打破すべく開発された品種です。

 

北海道の道央部から中南部・道南北部など広く栽培されていて、北海道の寒さに耐えられるよう耐冷性及びいもち病の抵抗性は強に強いです。

 

中形で基部が狭く、やや細長いお米。一般公募で募集し、 キラキラと輝く雪と、つやつやの白いごはんをイメージして命名されました。

 

それに上川農業試験の品種試験番号397をつけきらら397となりました。 その特徴は粒が大きいことです。さらに炊き増えするので、経済的でもあります。

 

汁気が多い食品とあわせてもふやけにくいという特徴をもっています。味の良さに加えて粒が大きく汁気の多い食材との組み合わせに抜群の相性を持っています。

 

これは丼物に最適で、この特性で実は牛丼チェーンの松屋、吉野家などもこのきらら397を使用しています。

 

その他の外食店での使用の多々あり、知らず知らずのうちに食べている方も多いでしょう。値段も手ごろで松屋、吉野家でおいしいと思った人は是非試してみるといいとおもいます

 

 

 

 

スポンサードリンク