米 お米 通販 激安 価格 比較 販売 水

ひとめぼれ 特徴

ひとめぼれは皆さんもご存知のように有名な品種です。ひとめぼれの特徴は形は中型大粒、やや長く中飴色が強く、光沢は良い、基部がややせまい。

 

主産地の宮城県のような平坦地域に適して、耐冷性が極強である。甘み・粘り・香りのバランスに優れ、毎日食べても飽きのこない品種です。

 

口当たりはサッパリして柔らかく、適度な粘りがあり。特に他の品種に比べても柔らかいのが最も特徴的でこのやわらかさが好きで愛食している人も多いです。

 

冷めても美味しいのも特長です。ひとめぼれのブランド産地、宮城県の登米市を中心にして、岩手県、山形県、福島県などの東北を中心に作られています。コシヒカリと初星を親にもち、1991年に宮城県で誕生しました。美しい見た目から一目惚れするような品種であること願い命名。

 

日本料理、洋食、中華となんにでも合いますが、素材の味が繊細な料理に向いています。どんな料理にも合うバランスのあるお米なので毎日飽きなく食べれます。

 

登米産ひとめぼれ

 

登米市は米どころ宮城の中でも、特においしいお米の生産地として有名です。 宮城米「ササニシキ、ひとめぼれ」の主産地として有名なところです。

 

宮城県北東部に位置する登米市は、広大で平坦肥沃な登米耕土を形成し、県内有数の穀倉地帯となっています。お米に重要な水源では、迫川、夏川が圏域のほぼ中央を北西から東南に貫流し、澄み切った水が農業用水の水源になっています。

 

その豊かな土地と水は毎年、冬になると白鳥やガンなどの渡り鳥を飛来させるほどすばらしい自然を成形しています。テレビで田んぼで白鳥が土の中の虫をついばむ映像を見たことがありませんか?そのような場所が登米市なのです。

 

お米がおいしくできる環境というのがあります。その条件が豊かな土地、きれいな水がある、昼夜の温度較差が大きいことです。

 

宮城県登米市は、白鳥やガンなどの渡り鳥が飛来するほど豊かな土地、県北から流れる川、昼夜の大きい温度差、がおいしいお米のできる気候条件と合致しているのです。これがおいしさの秘密です。

 

さらに農家の技術水準も高く、安心できます。この登米市の地域は、お米のランク付け米の食味ランキングでも常に特A地域に入っています。
米の食味ランキングは、炊飯した白飯を実際に試食して評価する食味官能試験に基づき、(財)日本穀物検定協会が実施しています。この厳しい審査を毎年特Aにするのは難しく、農家の意識の高さが伺えます。

 

登米産ひとめぼれは全体的なレベルが凄く高く一度は食べておきたい品種です

スポンサードリンク