米 お米 通販 激安 価格 比較 販売 水

お米は体にいい

バランスのいい食生活に欠かせないお米

 

日本人は欧米に比べ健康的で、寿命も長いとされています。そしてそれは私たちの食生活に関わってきます。

 

食品としての米は、私たちの食生活に良い影響を与えてくれます。欧米には、お米のように毎食に主食を取るという概念が存在しません。

 

そしてそお米を食べないその分、高カロリーな肉料理や脂料理を多く食べることになります。

 

日本人は、お米を食べることで、脂質などの現代社会で過剰摂取しやすい栄養素を抑えていれるのです。

 

さらにお米は体に必要な栄養素を多く含み、さらに脳のエネルギー源であるブドウ糖を多く含んでいます。

 

お米を中心にすることで、現在のように世界で最も栄養のバランスのとれた日本型の食事ができるのです。

 

私たち日本人は、ごはんを主食にしてきたおかげで子供の頃からさまざまな料理を味わえます。

 

そして、お米は肉類・魚類・野菜類なんにでも合います。これはごはんがどんなおかずの持ち味も損なうことがないからなのです。

 

この特性が食卓の幅を産み、日本食という世界でも類を見ないおいしさ、栄養素・見た目・繊細さ・バリエーションの豊かな食文化を生み出したのです。

 

もし、主食としてのごはんを手放していれば、でんぷんの摂取量は減少し、逆に脂肪や砂糖の摂取量が増えてバランスが崩れ、大人になってから太り過ぎや成人病、心臓病などの病になりがちになっていたでしょう。

 

日本人の食生活は、現在、お米を中心にバランスの取れた、非常に理想的な食文化を形成しているのです。このように、ごはんを主食にした食生活が自然と、私たちの健康的な体を作ってくれているのです。

 

お米とパンとイモ類の主食としての比較

 

お米には多くのたんぱく質が含まれています。特に人体に必要なアミノ酸が9割近くも含まれています。一方小麦には3割ほどしか含まれておらず、パンだけではたんぱく質はまるで足らないのです。

 

ジャガイモも、カロリーはあるが蛋白質をほとんど含まず、パン以上に多くの肉を食べないと人体に必要なアミノ酸が摂取できません。

 

パンやイモ類ではどうしてもたんぱく質が不足し、それを補うのに肉類などを消費しなければなりません。そうすると野菜などの摂取が少なくなり、やはりベストとは言えそうもないです。お米は理想的な主食なのです

スポンサードリンク